メニュー開く ネット診察予約
東京都足立区ホワイトニング専門歯科医院デンタルケアサロンブラン

TOOTH WHITENING

歯のホワイトニング

ホワイトニングとは

「昔よりも黄ばんできた…」「ホワイトニング効果のある歯磨き粉で毎日磨いているのに白くならない…」と感じたことはありませんか?

歯は食生活・加齢・遺伝などにより、内部に色が沈着するため徐々に白くなくなってきます。歯磨きでは表面の汚れは落とすことができても、内部の沈着を取り除くことはできません。

歯科医院で行うホワイトニングは、医師のみが使用できる専用の薬液により歯の着色を分解することで、本来以上の白さになります。

こんな方におすすめ

○歯の黄色みが気になる方

○歯を削ったり負担をかけずに白く美しくしたい方

○営業や接客業などの人と対面して話す機会が多い方

○挙式を控えている方

○記念写真を撮る予定のある方

ホワイトニングの種類

オフィルホワイトニング・ホームホワイトニング・ディユアルホワイトニング・セルフホワイトニング

※施術効果には個人差があります

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師または歯科衛生士が行うホワイトニング。
歯科医院でしか使用出来ない専門の薬液を使用するため効果が高く、1度の来院でかなり白くなったことを実感できます。

ホームホワイトニング

歯科医院でマウスピースを作成し、自宅で自分自身で行うホワイトニング。
2週間を1クールとして希望の白さになるまで繰り返し行います。薬液はオフィスホワイトニング同じですが、白くなるまでに日数が必要です。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うホワイトニング。

セルフホワイトニング

歯科医院以外のサロンやエステなどで、自分自身で行うホワイトニング。
短時間で安価ですが、歯科医院で使用する薬液は使用できす、市販の薬液を使用するため表面の汚れしか落とせないことが多い。

施術の流れ

問診票・同意書の記入

ホワイトニング経験の有無やどの程度白くしたいのか、また現病歴・既往歴などを問診票にご記入いただきます。ホワイトニングの説明・注意点をお読みいただき同意書に署名いただきます。

arrow_downward

カウンセリング

問診票を元に、歯やホワイトニングに対しての悩みや質問をおうかがいして、安心して施術を受けていただけるよう説明いたします。

arrow_downward

口腔内診査・歯面清掃

口の中を診察後、ホワイトニング専用の歯磨剤でクリーニングを行います。表面に歯石が付いている場合は歯石の除去します。

arrow_downward

歯の色の確認

施術前の歯の色をシェードガイドを用いて歯科医と共に確認します。

arrow_downward

保護・薬液塗布

薬液が歯以外に付着するとただれや痛みの原因になるため上下口唇や歯茎をガーゼと保護剤で保護します。また、知覚過敏を起こしている歯や欠けた歯はしみどめの薬を用いて保護します。保護ができたら歯の表面にホワイトニングの薬液を塗布します。

arrow_downward

ライト照射

それぞれの薬液に合わせたライトを照射し、ホワイトニングの効果を促進します。ライト照射中もホワイトニングの進行具合を確認し、薬液を調節します。

arrow_downward

薬液除去

歯の表面の薬液を除去し洗浄します。

arrow_downward

トリートメント

しみ止めの薬が配合されたトリートメントを歯の表面に塗り、時間をおいて洗浄します。

arrow_downward

カウンセリング

しみや痛みの確認を行い、再度歯の色の確認を行います。また、今後のケアなどについて説明いたします。

※コースにより薬液塗布から薬液除去までを数回繰り返します。

ホワイトニングが向かない・行えない方

○銀歯やセラミックなどのかぶせものをしている歯…人工の歯は作られた色以上に白くなる事はありません。

○表面に詰め物をしている歯…詰め物表面の着色は落ちますが作られた色以上には白くなりません。

○虫歯…お薬を塗る表面に虫歯がある場合は痛みがでやすいため虫歯治療後にホワイトニングを行う事になります。

○妊娠中・授乳中の方…胎児に影響が出たという報告はありませんが、薬品を使用するため、出産後・卒乳後に行う事をおすすめしています。

○未成年の方…16歳未満の方は、歯の成長期に影響する可能性があるため施術できません。
未成年の方は、保護者の同意書が必要となります。

○エナメル質形成不全・象牙質形成不全・テトラサイクリンによる変色歯…重度の場合はホワイトニングの効果がほとんど得られない場合があります。健全な歯より白くなるまで回数がかかります。

○失活歯…神経が死んでいる歯、神経を抜いた歯は色が暗くなります。失活歯に合わせた薬品を使用することでホワイトニングは行えますが、通常より回数がかかります。

○無カタラーゼ症候群、重度歯周病、重度呼吸器疾患の方…ホワイトニングは行えません。

ページトップへ